簡単な弁護士依頼

そして彼の場合は、弁護士に相談しただけで、300万円だったものが、800万円までアップすることが出来たということです。実際に、弁護士に依頼することはお金のかかることですが、弁護士に相談することによってこれだけ増額のメリットを得ることが出来るのなら、充分もとを取れると判断してもいいでしょう。※このケースでは自動車保険の「弁護士費用特約」に入っていたため、弁護士費用は0(ゼロ)円で済んだということです。仮に特約に入っていないケースでも、受け取った慰謝料の10%だけを弁護士費用として支払う程度のようです。

弁護士の写真
引用元 ≪交通事故の示談交渉依頼-アディーレ法律事務所

弁護士に相談した人たちはほとんどがこう思っているでしょう。このまま自分自身で保険会社と交渉していたら、結果どういうことになっていたのだろうか……と。

本当に親身になってアドバイスをしてくれるのは弁護士です。弁護士は、利害関係が交通事故被害に遭った人と一致しているから、自分が儲けるために親身になっていると考えていいでしょう。

それでも世の中にこのようなパートナーがしっかりいてくれることに私達は感謝しなければなりません。交通事故被害の遭った時の示談とは……、と自分自身で考えるうちに、損害賠償請求権は時効を迎えてしまうかもしれません。

弁護士に依頼する

そもそも交通事故被害に遭った人たちに対して、保険会社は、はじめから妥当な額の支払いをしたいとは思っていないのです。「保険金目当てたろう……」とか、「この金額は妥当だ……」ということぐらいは保険会社の十八番とも思っていいでしょう。この交通事故被害者のケースだけでなく、あらゆる交通事故被害者に対してきっと同じ台詞を吐いていることも想像することは決して難しくはありません。

でも自分自身で交渉する時には、相手は既に経験値もありますし、泣き寝入りをするケースがほとんどのようです。それが嫌だというのなら結局は弁護士に依頼する以外方法はないということになりそうです。彼も最初は弁護士に依頼することなど全然考えていなかったのに結果、依頼することを決めたと言います。

もしもそこで弁護士に依頼するという決定をしたのなら、最初に保険会社に「保険金目当てか」「この金額は妥当だ」と言われてしまった屈辱感はなんだったのでしょうか。そのような屈辱感を回避するためには、はじめから交通事故被害に遭えば弁護士に相談しようというモチベーションを持つことだったのです。

みなさんも弁護士事務所では、無料で相談を受けているところもありますので、まずは、そのようなところでアドバイスを受けてみることを考えてみてはどうでしょうか。

プレッシャー

そして、保険会社が提示してくる慰謝料の金額などにストレートに納得出来る人たちなんてほとんどいないと思っていいでしょう。それはなかなかシビアな世界なのです。

弁護士依頼なんかしないでも、スムーズに理想の額を受けとる社会のメカニズムが作られていればいいのですが、この社会はそもそも法律の問題は法律のプロフェッショナルに任すことによってなんとかスムーズに動く仕組みを作りあげてしまったようですね。

彼は耳鳴りが止まらないため、精神安定剤を飲み続けて3ヶ月入院と言います。 腰のしびれを抑えるために入院中に600本も注射を打つという、厳しい体験を強いられることになりました。しかし保険会社は、300万円程度という慰謝料の提示をして来たのです。

いろいろ最近ではインターネットでも調査することが出来て、この額で少ないということも、段々と交通事故被害者たちは知ることが出来るようになりました。そのとき自分自身でも主張すべきことは主張しなければならないと感じているはずです。

そのとき、保険会社に自分自身で交渉しようと思ったら、「保険金目当てか」とか、「この金額は妥当な額だ」などと言われてしまったということです。何で、交通事故被害に遭ったというのに、このようなプレッシャーに押し潰されなければならないのでしょうか。

交通事故被害の示談

交通事故被害に遭ったら、即弁護士に依頼するというのが段々と一般的常識となろうとしています。交通事故の示談交渉のやりとりってみなさんが考える以上に難しいものなのです。それを安易に出来ると思い、ことをスムーズに進めたつもりになっていたとしても、きっとみなさんは、期待通りのお金を受けとることが出来ないでしょう。

提示された慰謝料の金額は妥当なのかといえば、弁護士に相談しない限り、自分自身で行った結果ほとんど妥当な額を受けとることは不可能とされています。

弁護士に依頼をすれば、 交通事故の慰謝料は2倍になるということはご存じでしょうか。それは弁護士に依頼すれば、「弁護士基準」で慰謝料を見積もってくれるためです。

実際に、交通事故に遭った人たちが、このようなことをキッカケとして弁護士依頼する決心をしたと言います。 信号待ち時、後ろからノーブレーキで追突されてしまった50歳男性の場合は、保険会社と対応しようとするものの、心ない言葉にショックを受けて相談出来る窓口を探していたということです。

最初交通事故に遭った人たちは、藁をもすがるつもりで保険会社に頼りたい気分になるのかもしれませんが、保険会社はそのような存在ではないということにすぐに気付くことになります。そして、怪我をしてしまったというのに、自分自身で、交通事故の対応・後始末をしなければならないということ自体が、とてもストレスに感じることになります。