弁護士に依頼する

そもそも交通事故被害に遭った人たちに対して、保険会社は、はじめから妥当な額の支払いをしたいとは思っていないのです。「保険金目当てたろう……」とか、「この金額は妥当だ……」ということぐらいは保険会社の十八番とも思っていいでしょう。この交通事故被害者のケースだけでなく、あらゆる交通事故被害者に対してきっと同じ台詞を吐いていることも想像することは決して難しくはありません。

でも自分自身で交渉する時には、相手は既に経験値もありますし、泣き寝入りをするケースがほとんどのようです。それが嫌だというのなら結局は弁護士に依頼する以外方法はないということになりそうです。彼も最初は弁護士に依頼することなど全然考えていなかったのに結果、依頼することを決めたと言います。

もしもそこで弁護士に依頼するという決定をしたのなら、最初に保険会社に「保険金目当てか」「この金額は妥当だ」と言われてしまった屈辱感はなんだったのでしょうか。そのような屈辱感を回避するためには、はじめから交通事故被害に遭えば弁護士に相談しようというモチベーションを持つことだったのです。

みなさんも弁護士事務所では、無料で相談を受けているところもありますので、まずは、そのようなところでアドバイスを受けてみることを考えてみてはどうでしょうか。